ルーレットの歴史

ルーレットの歴史は古く、17世紀フランスが発祥と言われています。
その後ヨーロッパ各地に広まっていきました。

一説にはなんとルーレットは、ゲームとして開発されたのではなく、確率計算の道具として数学者らによって発明されたと言われています。

また、ホカ(Hoca)と呼ばれる原型のゲームが存在し、それを原型に変化していったとの説もあります。

お金をベットするテーブルのデザインはあの「人間は考える葦である」と言った「パスカル」が考えたとされています。

ヨールッパで広まったルーレットは、その後パリの警察によって、「公平なギャンブルを推進する」目的でゲームとして導入されたと言われています。 ルーレット

元々ルーレットは0・00と1から36までの38個の数字を使った「アメリカン・タイプ」でしたが、ドイツのカジノ経営者によって00を除いた37個の数字を使った「ヨーロピアン・タイプ」が開発されました。
プレイヤーとしては、ヨーロピアン・タイプの方が勝つ確率が高くなります。

そしてルーレットは、見た目の華やかさから「カジノの女王」と呼ばれ、現在のカジノゲームの中でも最も古いゲームの一つなのです。

リアルマネーでブラックジャックやスロットなどのカジノゲームが楽しめるおすすめオンラインカジノ!