ベーシックストラテジー

「ベーシックストラテジー」は、ブラックジャックをプレイするうえで基本中の基本と思ってください。
これを知らずにブラックジャックをプレイするのはあまりに勿体ないことです。

<ベーシックストラテジーとは>
「ベ-シックストラテジー(BasicStrategy)」とは、自分のカードとディーラーのアップカード(見えているカード)を分析して、次のアクションを教えてくれる、いわば勝つためのマニュアルのようなものです。
*ベーシックストラテジーのチャート表はこちら

ブラックジャックの場合、プレイヤーはヒット(もう1枚引く)するかスタンド(引かない)するかを、自分のカードの合計点と、ディーラーのアップカードから判断する訳ですが、どういうアクションが有利かは、確率的に計算することが可能なのです。

ベーシックストラテジーでは、基本的には見えていないカードは10であると考えます。

2~10までのカードがそのままの点数で数えるのに対し、J,Q,Kは全て10と数えるわけですから、見えていないカードが10である確率が最も高いのは理解できると思います。

例えば、自分の点数が12で、ディーラーのアップカードが6の場合を考えてみましょう。
21を目指すわけですから、12だともう1枚引きたくなるところです。

しかし、ディーラーの手を考えた時、もう1枚の伏せられたカードが10である確率が最も高いわけです。

つまりディーラーの手は16である可能性が最も高くなります。
16出会った場合、ディーラーは必ずヒットしなければなりません。

16からヒットした場合も、10を引く確率が1番高いと考えます。

結果、ディーラーはバストする確率が高いと判断できるわけです。

加えて自分もヒットした場合、10を引く確率が高いのでバーストする確率が高くなります。
ですから自分のアクションは、「スタンド」が正解となります。

では自分の点数が同じ12で、ディーラーのアップカードが10の場合はどうでしょうか。

同じ理由からディーラーの手は20である確率が高くなります。
12では勝てませんから当然「ヒット」となります。

このように、自分の点数が○○の時、ディーラーのアップカードが△△ならヒット、□□ならスタンドというふうに、確率的に最もいいであろうアクションを教えてくれるのがベーシックストラテジーなのです。

また、ベーシックストラテジーでは、「ヒット」「スタンド」だけでなく、「スプリット」や「ダブルダウン」の選択も示されています。

ただし、「インシュランス」に関しては勝率を下げるのみなので選択することはおすすめしません。

ベーシックストラテジーはチャート表になっていますので、慣れるまでは印刷したものを見ながらプレイしましょう。

オンラインカジノの場合、時間をかけて次の手を判断しても大丈夫ですから焦らずゆっくりチャート表で照らし合わせてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

リアルマネーでブラックジャックやスロットなどのカジノゲームが楽しめるおすすめオンラインカジノ!