オンラインカジノは違法か?

まずオンラインカジノサイト(オンラインゲーミングサイト)ですが、運営会社は世界各国や地域の政府から直接発行された許可証(ライセンス)を取得しています。
つまり合法的に運営されています。

なんと政府が直接運営するオンラインカジノもあります。(スウェーデン、カナダのカナダのブリティッシュコロンビア州、フィンランド、フィリピンなど)

そしてカジノをプレイする側ですが、世界では個人がオンラインカジノでプレイすることを法律で正式に許可している国が80カ国以上にのぼり、その数は年々増えています。

では日本はどうか?
日本は、現在多くの国と同様にオンラインカジノに関する具体的な法律がありません。

オンラインカジノへの入金を規制する法律もなければプレイしてはいけないという法律もありません。

ですが、正式にプレイを許可している法律もありません。

いわゆるグレーゾーンといったところです。

オンラインカジノを禁止する法律がなく、運営側が合法的な運営許可を持っている以上、プレイすることが法的に問題があると言うことはできません。
法律的な解釈としては専門家でも意見が分かれていて、違法であるという意見があるのも事実です。

しかしながらオンラインカジノを違法とする場合賭博罪になりますが、賭博罪は「必要的共犯ないし対向犯」とされています。
つまり相手がいなければ成立しません。

オンラインカジノの場合、胴元であるカジノ運営会社が相手となります。
しかも賭博の場合、プレイしている人よりも場所を提供している胴元のほうが罪は重くなります。

しかしながら、カジノ運営会社は、正式にライセンスを受けており、且つ合法的に運営されています。
当然日本の法律で裁くことはできません。

となると、日本でプレイしている人も相手が必要的共犯の要件を満たせないことになり、違法性を問えないことになります。

よって違法性は問えない、という意見もあります。

現実的には現在の法律ではオンラインカジノで遊んで違法性を問われることはないでしょう。

2016/3/10 国内で初めてオンラインカジノで賭博を行ったとして逮捕者が出ました。
これは日本国内の日本人を対象としたオンラインカジノだという判断をされての逮捕でした。
普通にオンラインカジノで遊んだ場合と状況が異なります。

今後どうなっていくかはカジノ法案の成立などとも関わってくるかもしれません。
遊ぶ場合はやはり自己責任ということになるでしょう。

リアルマネーでブラックジャックやスロットなどのカジノゲームが楽しめるおすすめオンラインカジノ!