オンラインカジノがグレーとされる理由

まずは多くのオンラインカジノ紹介サイトが主張している、オンラインカジノが違法ではなくグレーだと言われる理由について再度確認しておきます。

日本で認められている賭博(公営賭博)は、競馬・競輪・競艇・オートレース・宝くじ・スポーツ振興くじです。
これら以外の国内での賭博行為は当然違法で処罰の対象になります。

例えば日本人が海外においてカジノなどで賭け事をした場合はどうでしょう。
賭博行為は外国で行われている場合、国内法が及ばないため違法とはなりません。

ではオンラインカジノの場合はどうでしょうか。
オンラインカジノはインターネットを通じて海外のサーバーへアクセスし、その国で認可を受けた合法なゲームサイト上で遊戯をする、スタイルです。
そして日本からアクセスした場合でも、金銭の授受はすべて国外において処理されます。
そのためオンラインカジノでの遊戯は、海外旅行中にカジノで遊ぶのと同じではないかという意見もあります。

一方で、日本国内でキーボードをたたき金銭を賭けた賭博行為を行っている以上違法である、という意見もあります。

また、日本にいて賭博に参加しているから違法ではあるが、賭場を開帳している相手方が海外にある以上罰することができない、という意見もあります。

相手方が国外にあるから罰することができない、というのは「賭博罪」が「必要的共犯」「対向犯」とされているからです。
「賭博」という行為は、賭博を提供する者と賭博に参加する者が両方いて成立するとされおり、オンラインカジノの場合、賭博の運営側が海外である以上、日本の国内法で処罰することは当然できないため、賭博をした側も処罰できない、という理屈です。

以上のような理由で、オンラインカジノは「グレー」だといわれています。
ちなみに今までオンラインカジノで遊んで逮捕・起訴された人はいなかったため、司法の判断(判例)はありません。

*オンラインカジノの賭博性についてはこちらのサイトに詳しく書かれていますので参考にして頂ければと思います。→IR*ゲーミング学会コラム 358~361

 ⇒逮捕はなぜスマートライブカジノだったのか?

リアルマネーでブラックジャックやスロットなどのカジノゲームが楽しめるおすすめオンラインカジノ!