オンラインカジノ利用者初の逮捕事件について

2016/3/10 京都府警サイバー犯罪対策課などが「自宅のパソコンでオンラインカジノを利用して現金を賭けた」として、埼玉県越谷市会社経営の男(65)ら3人を単純賭博容疑で逮捕しました。

容疑者が利用していたオンラインカジノは、「スマートライブカジノ」です。
ディーラーを相手にブラックジャックで約3千円~11万円を賭けた疑いで、容疑者は合計で約5千万円使ったと供述しています。

このニュースが報道されてから業界は騒然としています。
容疑者らは「海外のサイトなので大丈夫だと思った」と供述しているようです。

日本から海外のオンラインカジノにアクセスして遊ぶ行為について、当サイトも含め、無数にあるオンラインカジノを紹介しているサイトの見解は、「違法か合法か明確な規定がなく、グレーである。参加しても逮捕されることはない」という説明をしてきました。

ところが今回、初めて逮捕者が出るということになってしまい、オンラインカジノを紹介しているサイトとして忸怩たる思いであり、非常に残念なできごとだと考えております。

我々にはオンラインカジノを紹介してきたサイトとして、今回の事件についてきちんと検証するする責任があると考えております。
何故警察は逮捕に踏み切ったのか、何故「スマートライブカジノ」だったのか、他のオンラインカジノはどうなのか、今後のことを含め事実と照らし合わせながら検証してみたいと思います。

オンラインカジノがグレーとされる理由

リアルマネーでブラックジャックやスロットなどのカジノゲームが楽しめるおすすめオンラインカジノ!