バカラのルール

カードゲーム「バカラ」はとても単純なゲームで、ルールも簡単です。
それどころかルールさえ知らなくても今すぐでもプレイできます。

なぜなら、あなたはAが勝つかBが勝つか、または引き分けるか、のどれかに賭けるだけだからです。
そう、サッカーの試合でバルサが勝つのか、レアルが勝つのか、または引き分けか、に賭けるのと同じです。

サッカーのルールを知らなくても、誰でも賭けることはできますよね。
でもサッカーのルールを知ってたほうが賭けていても楽しいですから、やはりルールは知っておいた方がいいでしょう。

<バカラのルール>
バカラは、仮想の二人が勝負をしていてどっちが勝つかに賭けるゲームです。
この仮想の二人は「バンカー」と「プレイヤー」と名付けられています。
あなたはどちらが勝つかまたは引き分けるかに賭けて、勝敗が決まるのをじっと待っているだけです。
ちなみに勝敗は数十秒でわかります。

勝敗は「バンカー」と「プレイヤー」のカードの持ち点によって決まります。
9点が一番強く、0点が一番弱く、同点なら引き分けです。

どこに賭けて勝つかで配当が違います。

・「バンカー」に賭けて勝つと95%の配当です。$100賭けて勝てば$195戻ってきます。

・「プレイヤー」に賭けて勝つと100%の配当です。$100賭けて勝てば$200戻ってきます。

・「引き分け」に賭けて勝つと800%の配当です。$100賭けて勝てば$900戻ってきます。

・「バンカー」か「プレイヤー」に賭けて「引き分け」だった場合、賭け金はそのまま戻ってきます。

「バンカー」に賭けたら損ではないかと思うところですが、ルール上「バンカー」の方が勝つ確率がわずかに高いため、配当で調整しているのです。

<点数の数え方>
マークは関係ありません。数字だけです。
バカラではカードの一の位しか見ません。
そして10と絵札は全て0です。
Aは1と数えます。

「バンカー」「プレイヤー」にそれぞれ2~3枚のカードが配られますが、そのカードが5と8だったとすると点数は「3」になります。

<バカラゲームの流れ>
参加者は「バンカー」と「プレイヤー」どちらが勝つか、引き分けるかに賭けます。
賭けられる金額はいくら以上いくら以下とテーブルによって決まっています。

ベラジョンのライブバカラ
ベラジョンのライブバカラ

この写真の場合だとあなたは5番の席にいますから(4番の席はありません)、赤丸で囲んだところに賭けます。
5のところは「引き分け」です。
(他にあと2か所賭けることができる場所がありますが省略します)

「バンカー」と「プレイヤー」にカードが2枚ずつ配られます。
この後、3枚目が配られるかどうかは双方のカードの点数によって決まります。

①最初の2枚で、双方またはどちらかが「8点または9点」の場合は終了です。この点数で勝敗が決まります。

双方が「6点または7点」の場合も終了です。この点数で勝敗が決まります。

①②以外の場合に以下の条件で3枚目が配られます。
まずはプレイヤーの条件が優先されます。

●プレイヤーに3枚目が配られる条件
プレイヤーが5点以下の場合。(6~7点の場合は配られない。8~9点の場合は終了している)

そしてプレイヤーに3枚目が配られたかどうか、さらにその点数によってバンカーに3枚目が配られるかどうか決まります。

●バンカーに3枚目が配られる条件
バンカーの点数が、
0~2点の場合=プレイヤーに3枚目が配られても配られなくても3枚目が配られる。
3~6点の場合=プレイヤーに3枚目が配られなかったら3枚目が配られる。
3点の場合=プレイヤーに3枚目が配られ、そのカードが8以外の場合3枚目が配られる。
4点の場合=プレイヤーに3枚目が配られ、そのカードが0,1,8,9以外の場合3枚目が配られる。
5点の場合=プレイヤーに3枚目が配られ、そのカードが4,5,6,7の場合3枚目が配られる。
6点の場合=プレイヤーに3枚目が配られ、そのカードが6,7の場合3枚目が配られる。
上記以外は3枚目は配られない。

始めのうちは3枚目が配られるかどうかがわかりづらいと思いますが、そのうちに慣れてくるでしょう。
もっとも、わかってもわからなくても勝敗には関係ありませんが。

カジノでバカラを遊ぶ前にオンラインカジノでゲームに慣れましょう
おすすめオンラインカジノ

リアルマネーでブラックジャックやスロットなどのカジノゲームが楽しめるおすすめオンラインカジノ!