バカラの歴史

いろいろ調べてみたところ、バカラゲームの起源が古すぎてかなり曖昧ですが、バカラゲームの歴史については諸説あるようです。

「バカラ」というのはイタリア語で「ゼロ」を意味する言葉です。
それを考えると起源はイタリアである可能性が高いのですが、フランス語でも同じく「バカラ」というみたいで、フランスが起源だという説もあります。

どちらにしても15世紀ごろにはヨーロッパでバカラの原型とされるようなカードゲームが行われていたようです。
かなり古いゲームであると言えます。

ヨーロッパ貴族に人気だったこのゲームは、やがて英国から世界へと広がっていきました。

efb0b2833da558032c1f26937137f8be_s

カジノのメッカ、アメリカに登場したのは1950年代と言われています。

以前は王族・貴族といった特権階級が大金を賭ける貴族のゲームという印象でしたが、「ミニバカラ」といった少額でもプレイできるテーブルなども出現し、一般の人でも楽しめるようになりました。

今ではランドカジノでも、少額テーブルからVIP専用の特別なテーブルまで多くのテーブルが用意されています。

クラシックなバカラもミニバカラもルールに違いはなく、ベット金額が大きいか小さいかで区別していると考えていいかもしれません。

本来高額なテーブルで行われている「絞り」という動作、これは配られたカードを自分だけチラッとめくって数字を他の人より先に見ることができる権利ですが、アジアのカジノでは少額テーブルでも行われているようです。

この古い歴史を持つバカラも、オンラインカジノでいつでも楽しめるようになりました。
しかも最近ではバカラ専用といっていい驚きのオンラインカジノがオープンしています。

リアルマネーでブラックジャックやスロットなどのカジノゲームが楽しめるおすすめオンラインカジノ!