スロットの歴史

カジノの人気ゲーム「スロット」の歴史的初代機といわれるのがこのマシンです。

Liberty_bell
リバティ・ベル

1899年、アメリカ合衆国においてドイツ移民の「チャールズ・フェイ」が制作した「リバティ・ベル」です。

1890年代初めに、複数のリールを使って停止した図柄の組み合わせでポーカーの役をつくるマシンはあったものの、現在のスロットのように出来た役を自動的に判定し、支払いも自動的に行われるマシンはこの「リバティ・ベル」が最初です。
それまでは停止した図柄をいちいち係りが確認して景品を渡していました。

そのためこの「リバティ・ベル」が現在のスロットの原型とされています。

当時フェイはこのマシンを販売するのではなく、いろいろな場所に設置しその売り上げを折半するという方式を取っていたため、器械のメカニズムは長い間謎だったようです。

ところが1905年、設置してあった「リバティ・ベル」が盗まれ、その後ミルズ社が「ミルズ・リバティ・ベル」というとてもよく似たマシンを発売し、改良を重ね世界的に広がっていきました。

その後スロットの技術革新は目覚ましく、日本の企業も大きく貢献しています。
1985年、日本のユニバーサル社が「ステッピングモーター」という、リールをコンピュータ制御するマシンをラスベガスに投入し、今では定番となっています。

この技術の採用でスロットのゲーム性は格段に広がりました。
以前はレバーを引いてリールが止まるまで結果がわからなかったのが、現在のマシンでは器械内部で決定した結果をリールで表現することができるわけです。

具体的には、プレイヤーがリールを回転させた時点でRNGと呼ばれる乱数発生回路によって、何かが当たったかまたははずれたか瞬時に決定されます。
そしてその結果の通りにリールが停止する仕組みになっています。

ちなみに日本のパチスロは自分でリールを止めますが、カジノのスロットは自動停止です。
もちろんオンラインカジノのスロットもそうですね。
かといってパチスロはプレイヤーが自由に役を出せるかというとそれはできません。
パチスロの場合、リールを自分で停止させることでいろいろな演出ができるようにしているだけで、器械内部で拾った乱数通りの結果でリールが停止するという点は変わりません。

また、ランドカジノのスロットの多くは実際にドラムのリールが回転していますがオンラインカジノのスロットは当然ながらバーチャルでリールが回っているような映像です。
これらも見た目が違うだけで構造は同じであると考えていいでしょう。

リアルマネーでブラックジャックやスロットなどのカジノゲームが楽しめるおすすめオンラインカジノ!