ブラックジャックのルール

ブラックジャックのルールはとても簡単で誰でもすぐに覚えられます。
単純だからこそ世界中で愛されているのでしょう。

ブラックジャックは他のプレイヤーと勝負するのではなく、ディーラーとの勝負になります。
ディーラーはそのテーブルの全てのプレイヤーと勝負することになります。

各プレイヤーはディーラーとカードの合計点を競います。
点数が大きいほど強いのですが、21を超えるとバスト(Bust)となり負けになります。
つまり21が一番強いことになります。

<点数の数え方>
・2~9は数字通りの点数 J/Q/Kの絵札は全部10点と数える

・エースは1点か11点のどちらか
*例えば、5とジャックなら15点。  5とエースなら6点か16点。(状況をみて自分で判断します)

<配当>
ディーラーに勝てば掛け金と同額(1ドル賭けた場合、自分が賭けた1ドル+1ドル)

引き分けなら賭けた分が戻ってくる(1ドル賭けた場合、その1ドルが戻ってくるのでチャラ)

バストした場合掛け金は没収(ディーラーも自分もバストした場合はディーラーの勝ち)

*最も強い「ブラックジャック(エースと10点札)」の場合、特別に掛け金の1.5倍の配当がもらえます。 (1ドル賭けた場合、自分の賭けた1ドル+1.5ドル)

<ゲームの流れ>
1.先ず、各プレイヤーに2枚ずつカードが配られます。
ディーラーにも2枚のカードが配られますが、1枚は伏せられています。

2.プレイヤーは、ディーラーの点数を予想しながら自分の点数を作り、最終的に ディーラーと点数を勝負して勝てば配当がもらえます。
ただし、「21点」を超えて しまうと「バスト」となり、その場でチップとカードを回収されてしまいます。

3.プレイヤーは、「21点」を超えない限り何枚でもカードを追加することができます。
カードを追加することを「ヒット」といいます。(実際のカジノでは 軽くテーブルを叩きます)
逆にカードがいらない時を 「スタンド(ステイ)」といいます。(実際のカジノでは手を横に軽く振ります)
オンラインカジノの場合は、選択できるアクションのボタンが表示されますので、 それをクリックします。

4.全プレイヤーの点数が決まった後に、ディーラーは伏せていたカードをオープンにします。 この時ディーラーは、「16点以下」であれば更にカードを追加し、「17点以上」 になるまでカードを引かなければいけません。
そして 「17点以上」になったらそれ以上カードは引けず、その点数で勝負です。 (ルールによって17点でもカードを引くテーブルもあります)
例えばこの写真のケースだと、ディーラーは 3,3,10 ときましたから 16 になりました。 しかしルールで16までは次を引かなければいけないのでカードを引いています。

結果バストしてプレイヤーの勝ちとなりました。

5.ディーラーがバストした場合は、プレイヤーの勝ちとなります。 どちらもバストした場合は、ディーラーの勝ちです。
また、同点の場合は「プッシュ」といい、引き分けとなりチップはそのまま戻されます。

<プレイヤーの選択>
最初に配られた2枚のカードを見て、次のカードを引くか引かないかを選択します。

その際、単純にカードを引くだけでなく、次の方法を選ぶこともできます。

◇ ダブルダウン
3枚目のカードをヒットする際、賭け金を追加して倍額で勝負できます。
その代わり、どんなカードが来てもその1枚しか引けません。
例えば、2枚の合計が11点の場合などによく使われます。

◇ スプリット
最初に配られたカードの数字が同じ時、カードを2枚に分けて勝負できます。
但し、賭け金と同額を追加しないといけません。
例えば、2枚がAの時などによく使われます。

◇ インシュランス
ディーラーのアップカード(見えているカード)が「A」の時、インシュランス(保険)を掛けることができます。
ディーラーがブラックジャックの場合賭け金は戻ります。
ブラックジャックでなければインシュランスベットのみ回収されゲームは続行します。

◇ サレンダー
カードを追加する前に勝負を棄権することができます。この場合、賭け金の半額が没収されます。 (実際のカジノでは、人差し指で横に線を引きます)

リアルマネーでブラックジャックやスロットなどのカジノゲームが楽しめるおすすめオンラインカジノ!